お役立ち情報

 

 

 

◆ コアドリルを長持ちさせるコツとは?

 

 

日頃、お客様より修理のため、当店に持ち込まれるコアドリルなんですが、“ここをマメに点検していれば、もっと長持ちするのにぁ…”、と残念に思うことが多々あります。

 *グリースの劣化したまま削孔~

 

 

そこで、代表職人下屋敷待夫しもやしきまつお)からの

 

コアドリルを長持ちさせるアドバイスです。

 

 

  ① 長時間の削孔作業時に異常な熱が発生したら、時間をあけてモーターを冷やして下さい。無理に負荷をかけて運転すると、サーキットプロテクターの故障の原因になる~又アマチュア、ベアリングも故障~

 

 ②スイッチに熱を帯びていたら、要点検です。

最悪、モーターが止まってしまいます。

 

③モーターのテールカバー付近から青い火花等が発生したら、カーボンブラシの点検交換時期です。できればベアリングも交換したいですね。 

 

④モーターの音に“敏感”になってください! 

  いつもと違う音がしたら要注意です。

 

 

 

⑤グリースに“敏感”になってください! 

  不足すると部品の摩耗が早まります。 

 

 

       

 

夏に向ってのワンポイントアドバイス!

 

これから夏に向かって、コアドリルのギヤボックス内のグリースが劣化しやすくなります。

早め点検がお勧め~(リチユームグリース耐熱)

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

  

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.10.17 Thursday